田舎に住むものです。 casually’s diary

とりあえず、軽やかな気持ちで、ひとに迷惑を掛けずに、やっていきたい。

SPY✕FAMIRYの作者はうる星やつらを読んでいた?

最近流行りのSPY✕FAMIRYですが、

漫画を読んでいて、すごい既視感に襲われて書かずにはおれなかったので書きました。

SPY✕FAMIRY61話に、「トニトおばさん」というキャラクターが登場します。

「トニトおばさん」の伝説シーン SPY✕FAMIRY61話より

このシーンを見て、これって?と思った男性読者は多いはずです。

このシーン、うる星やつらアニメ版、ラムちゃんの伝説シーンとうり2つ。

アニメうる星やつら 97話 決斗!弁天VS三人娘!! より

有料ですが、アマゾンプライムにありました。

Amazon.co.jp: うる星やつら デジタルリマスター版 第3シーズンを観る | Prime Video

漫画版だと、こんな1コマの扱いですが、

私はアニメでの印象がとても大きく残っています。

うる星やつら 19巻 PART−9 失われたモノを求めて;前編 より

そのほか、SPY✕FAMRY 第59話のベッキーのシーン。

SPY✕FAMRY 第59話

これも、うる星やつらで似たシーンがありました。

うる星やつらの20巻 PART−5 愛は国境を超えて より

一緒に漫画を読んだ娘にいっても「ふーん」、と感動が薄く、

一人、既視感にさいなまれていましたが、答え合わせができました。

学園もの繋がりか? 角がある少女が主人公繋がりか?

とか、そんなことを考えながら読んでいます。

SPY✕FAMRY、面白いですね。

原作漫画も面白いですが、アニメも、漫画では描いていないところの、

脚色のクオリティが高かったり、ほんと面白いです。 

そういえば、うる星やつら押井守監督で、アニメが話題になりました。

うる星やつら、久々見ると面白い。 漫画もアニメも。

そういえば、まだアニメに出ていない夜帷嬢の心をアーニャが読んだシーンからのテニス編とか、

行け!稲中卓球部」っぽい感じがしますが、誰にも言えずムズムズしています。

行け!稲中卓球部」は穴が空くほど読んだな〜。